statement

 

 

I have a vague scene of memory. A scene that I would be seeing from a car my mother or father was driving in my childhood. Though I had no idea where we were driving, I still remember I was simply watching scenery of odd buildings and houses in line.

 

Today, we have access to tremendous amount of information in the Internet. Among them, pictures and movies of landscape to which I have never been remind me of the buildings and houses in my memory. I then get to realize that something in the context of memory and experience is vague and weak.

 

Moreover, I also realize that I am caught by the Gerhard Richter’ work “ATLAS”. Massive his works displayed in the internet imply the chaotic world with a flood of information at present and sways people’s memory and emotion.

 

My works brings unnatural outlines and inaccurate depth to the equivalence, which makes a distance from the equivalence and creates personal scenery. I believe that this new scenery experience is to advance my life.

 

 

 


 私にはぼんやりとした記憶の風景があります。子供の頃、父や母が運転する車に乗せられ、窓からひたすらに眺め続けた風景です。 どこをどう走ったのか全く分かりませんが、奇妙な建物や点々と並ぶ家々の風景を、ただ ただ眺めていたことは覚えています。

 今日、インターネットのおびただしい量の情報を目にしていると、ふと懐かしさを感じることがあります。もちろん、見たことも行ったこともない場所の画像です。それらは昔、 車から眺めていたあの漠然とした風景を私に思い出させ、私の記憶を混乱させます。その 時私は、私の記憶や経験という文脈がとても曖昧で弱いものだと気づきます。

 さらに私は、ゲルハルト・リヒターが制作している「ATLAS」の作品に囚われている自分 を知ります。リヒターの大量に並置された作品は、今日の情報が溢れかえる、混沌とした 時代を暗示し、人々の記憶や感情を揺さぶるものと考えます。

 私の制作は日々の大量にインターネットに載せられる等価な風景に、不自然な輪郭と不正確な奥行きを持たせることで、等価から距離を生み、少しだけ新しい個人的な風景を生 み出します。その新しい風景体験は、私の人生を先に進めてくれるものと信じています。